カテゴリー

[BOARDLIST_5_150_/images/250/leftdot.gif]
 

トップ > 全商品 > 無色ファンデ [メッシュセル] (Googleショッピング)

無色ファンデ [メッシュセル] (Googleショッピング)

 

for PROfessional


 


リキッドファンデでも、BBクリームでもない、この無色ファンデ「メッシュセル」は、メッシュ状の新素材で構成された、新しいジャンルのベースメイク粧材です。

メッシュセル素材の見た目は、無色半透明の高級クリームのような感じですが、実際に触ってみるとスルスルとした軽くて不思議な感触です。べたつきはなく、仕上がりはサラサラです。

ファンデーションなのに、茶系着色料を一切添加していない事が最大の特徴です。

使用方法は、ベースメイクとして(ファンデの代わりに)素肌にこの「メッシュセル」を顔全体に薄く伸ばします。

すると、この素材が毛穴凹を埋めて、肌が平らになり、上品でなめらかな仕上がりになります。



クリーム状の”無色ファンデ”は、パウダーファンデのような乾燥や粉っぽさはありません。生クリームのようなしっとり感で、素肌の潤いを保ちます。

また、人工的な茶系着色料を使わないので、肌の透明感が増し、素肌の一部のように見える事から「第二の皮膚」とも呼ばれています。

自分の素肌の色を反映しつつ、くもりガラスの様に半透明の特殊ベールをまとう事で、ナチュラルで上品な仕上がりになります。

しかも、その半透明の特殊ベールが、肌を保護するバリア層にもなっている為、汚染された外気などの様々な有害な刺激から皮膚を守る事が出来ます。

メイクの最初に、メッシュセルを素肌に塗る事で、バリア層ができ、化学物質を含んだメイクや日焼け止めが直接皮膚に触れる事を防ぐ事も可能です。

さらに、美肌菌を増やす為の栄養素も含まれるので、素肌その物を美肌に導く効果も兼ね備えています。

「美容液」、「下地」、「バリア層」、「ファンデーション」の効果がひとまとめになったオールインワンタイプなので「メッシュセル」以外は何も塗る必要がありません。
 


 
マスクによる肌荒れ対策


緊急事態宣言解除後、マスクによる肌荒れで、皮膚科へ来院する患者が急増しているそうです。

マスクによる擦れ痒み吹き出物など、症状は様々ですが、ファンデをした素肌の上にパックのようにマスクを長時間付ける事で素肌に負担が掛かっています。

その対策として、ファンデをやめる女性も増加傾向にあり、ベースメイクの役目も大きく変わりつつあります。

最近のトレンドとしては、「マスクに付かない」、「肌への負担が少ない」、「ナチュラル感」などが重視される傾向にあります。それに伴い、無色ファンデへの関心も一層高まっています。
 

 
老化の出やすい首にも塗れる


ウォーキング、ホットヨガ、フィットネス、などで汗をかいて色付きファンデがヨレて汚くなる事や、マスクに付くというストレスからも解放されます。

白いシャツにも付かないので、老化が出やすい首すじにも一緒に塗れます。

また、猛暑でもサラサラ感が夜までキープできてテカらないので、夏にも強いファンデーションとして人気です。

メイク崩れもなく、テカリもしっかり抑え、一日中、美メイクをキープできるという機能性の高さも定評ですが、なにより見た目の仕上がりの美しさと、他のファンデーションには決してまねのできない本物の透明感が無色ファンデの大きな特徴です。

色付きファンデは、茶系着色料によって透明感を遮断してしまうので、肌が老けた印象になりやすいと言われています。これは、艶と透明感がない上に、人工の肌色がくすんで見える事が原因です。

なめらかで軽くて爽やかなメッシュセル素材を一度体験したら、色付きファンデがいかに負担の多いものだったかにお気づきになる事でしょう。
 

無色なのに なぜファンデよりも 毛穴カバー力が強いのか?



市販のファンデーションやBBクリームなどは、茶系着色料をたっぷり入れることで人工的な肌色を作り出します。これを素肌に塗ることでペンキのように素肌のアラを隠します。

ペンキと同じ原理なので、シミを隠すのには適してますが、デメリットは、毛穴凹やシワは逆に余計と目立つという事です。壁の落書きはペンキで隠せますが、凹にペンキを塗っても隠れないのと同じです。

それどころか、毛穴凹やシワに人工着色料が入り込むと、凹に人工着色料が集まって濃く見えます。

その為、凹が強調され毛穴が目立つという訳です。

これがいわゆる「毛穴落ち」と呼ばれる現象です。
 



法令線にファンデがヨレてシワに溜まって、シワが余計目立つのも同じ理由です。

さらに、人工肌色なので日本人女性の肌色に合わせるのは困難です。肌の色は十人十色なのに、ファンデの色展開はせいぜい2、3種類程度しかないので、季節や体調で常に変化する自分の素肌の色に合うはずがありません。

そうすれば顔と首の色が微妙に違うので不自然かつ厚化粧の印象にもなります。 それとは対照的に、無色ファンデ「メッシュセル」は、肌色着色料は一切使用しておりません。

無色半透明なので、「毛穴落ち」は起こりません。

ではなぜ「色が無い素材」なのに、毛穴凹が無いように見えるのでしょうか。

それは、メッシュセル素材が毛穴凹に入り込むことで素肌の色と同化して、素肌の一部になったように見えるという、皮膚科学に基づいた「毛穴モザイク技法」を採用しているからです。(メッシュセル独自テクノロジー)

当然、どんな素肌の色にも同化出来るので、もうファンデのように色選びに困る事もありません。
 



さらに、この「毛穴モザイク技法」により、色付きファンデでは決してまねのできない「ほど良い艶感」を表現できます。

パウダーファンデやミネラルファンデなどは、粉なので乾燥し、ツヤのないマットな仕上がりになりがちです。

また、BBクリームやCCクリームでツヤが出るという製品もありますが、そういった製品は人工油分を多く注入するので、艶というよりテカリに見えてしまい、ベタベタした印象にもなります。

当然、人工油分が多ければ、いくら洗顔をしても落とせないので、強力なクレンジング剤が必要です。
 



一方メッシュセルは、人工油分での過剰なつや出しではなく、メッシュセル素材を調合する過程で、超微細クリスタルを織り交ぜる事で、ほど良い艶感を生み出しています。

表面はサラサラな仕上がりなのに、控えめで上品なツヤ感がある事で、素肌が綺麗に見えて、若々しい印象になります。
 

さらにすごい事に、この特殊なメッシュセル素材は、毛穴凹に入ると見た目は凹を埋めて平らに見えますが、実際は凹をふさいではいません。

このメッシュセル素材の構造は、分子が大きく立体的で、一つ一つの分子の間にメッシュ状の隙間が無数にあるのです。
 

そのお陰で、皮膚呼吸がしっかりでき、とても軽くて付けてる感が無いのが特徴です。

また、市販のクリーム等と違い、「肌に浸透しません」

普通、クリームや美容液は塗り込むことで、素材そのものが肌に染み込んでいき、見えなくなります。

しかし、メッシュセル素材は、分子が大きいので、肌に染み込めず、肌の上に乗っかっているままです。

なので、こすったりしなければ、夜までずっと肌に乗っているので美肌ベールが持続します。
 



何よりも、「肌に吸収されない」というのは一番安心できる要素です。

なぜなら、いくらミネラルファンデやオーガニックといっても、100%天然成分という訳ではなく、防腐剤や人工着色料なども含まれる事が多いので、それらが肌に浸透してしまうのは良くありません。

メッシュセルは、肌に乗っかっているだけなので、強力なクレンジングも不要で、石鹸で軽く落とせるので、肌に本当に優しい素材だと言えます。

長時間付けていても肌に負担をかけず、仕上がりもナチュラルなのに上品しっかりメイクに見えるので、エステティシャンキャビンアテンダント等の化粧直しの暇が無いプロフェッショナルの方々から高い支持を得ています。
 



【使用方法】
洗顔後、乳液などで肌を整えた後に、「メッシュセル」適量を顔全体に均一にのばすだけ。

素肌っぽいのに、上質のベールが掛かった上品な陶器肌に。メッシュセルだけで作るベースメイクはとてもナチュラルで若々しく見えます。

あとはチークをプラスするだけで、しっかり感もでて、お仕事の時も安心です。

毛穴が特に目立つ鼻などには重ね塗りするとさらにフラットで綺麗に見えます。(メッシュ状素材なので重ねても軽くて自然)

 

【使用方法】
パターン1の使用方法の後に、フェイスパウダー(お粉)を軽くはたくだけ。

仕上げにフェイスパウダーを軽くはたく事で、艶は無くなりますので、マットな仕上がりにしたい人向けです。
 



【EXSIALEより】
一昔前までは、ファンデをべったり塗ることが社会人としての身だしなみという常識が浸透していましたが、最近ではファンデーションの厚塗り感や肌への悪影響が問題視され、「ノーファンデ女子」や「ピュアエレガントメイク」といったナチュラルで上品なメイクが主流になってきています。

私の周りでも、美容知識に長けている人ほどノーファンデ率が高いです。

しかし、そうは言っても、素肌によほど自信が無いとノーファンデには抵抗があるのではないでしょうか。

実際、私自身も毛穴の開きテカリ、クスミなどが常に気になっています。

そんな肌の悩みを抱えつつも、ノーファンデを目指している人達の為に無色ファンデ「メッシュセル」を開発しました。

無色ファンデといっても、実際はファンデーションとは全く異なる成分で作られていますが、ファンデーションの様に肌の悩みを隠す事が出来る事から無色ファンデと呼ばれています。

市販のファンデーションは、人工肌色の着色料を大量に入れることでカバー力を作っています。つまり、着色料がメインの粧材といえます。

しかし、無色ファンデ「メッシュセル」は、人工肌色着色料は無添加なのに、素材の力だけでカバー力を作っています。それでいて毛穴カバー力はファンデーションよりも高くなっています。

しかし、このようなエクシアルの独自技術が完成するまでには、かなりの失敗もありました。

カバー力を高めると逆にサラサラ感が悪くなったり、保湿力を上げるとと軽さが無くなったりと、問題の連続でしたが、地道に配合バランスを調整し続け高品質な素材にこだわりぬき、研究を重ねた結果、ユーザーの方々の多くの声を反映させた、納得のいく特殊素材を開発することが出来ました。

これを塗っていると、ノーファンデっぽいのに上品な美肌に見えるので、友達から「エステ行ったの?」と聞かれます笑

この、かつてない、次世代の新しいベースメイク素材をとにかく一度試してほしいです。きっと気に入って頂けるはずです(*^_^*)
 



.轡澆鬟バーする力は弱い

凹のカバー力は高い反面、「シミ」や「黒い皮脂詰まり」は全く隠せません。これらを隠す事が一番の目的であれば、通常の色付ファンデやコンシーラを厚めに塗るしかありませんので、メッシュセルのご購入は御遠慮下さい。

ただ、メッシュセルの上に軽くパウダーファンデをはたく事で、カバー力を補う事は可能です。黒い皮脂詰まりは、隠すのではなく、元から取り除く事をおすすめします。

市販の色付きファンデに慣れている方は、初めて無色ファンデを塗ると、物足りなさを感じると思います。

ただ、一週間使い続けた後、洗顔時に肌がツルっとしている事に驚かれると思います。素肌その物が元気になっている証拠です。

その結果、自分では物足りなさを感じていても、他人から見た印象は透明感とツヤのある無色ファンデを塗った時の方が明らかに肌が綺麗に見えます。

シミは隠れなくてもよいけど、「素肌その物を綺麗に変えたい」、「ファンデは嫌い」、「ナチュラルな美肌風にしたい」という方には、心から喜んで頂けるはずです。


日焼け止めはあえて添加していません

理由は、SPF50にする為には大量の化学物質を入れる事になり、メッシュセルの独特の質感が悪くなるばかりか、肌への負担が非常に大きくなる為です。

もちろん紫外線は良くないので、外仕事の方には日焼け止めは必須です。ただ、ほとんど一日中室内にいる日は、朝の出勤時のほんの数分間の為だけに、肌に負担が掛かるUV剤を一日中塗っている事のほうがリスクが高いと考えます。

メッシュセルの素材そのものが紫外線を反射し肌を保護する力もありますが、日光を浴びる時間が長い日は、日焼け止めを塗ってからメッシュセルを塗る事をおすすめします。

※エクシアルでは、この商品に限らず、エステ施術時も、「思っていたのと違う」という後悔を防ぐ為に、事前にメリットとデメリットを正直に明確にお伝えしております。
 






 

人気上位アイテムの使用感の比較。
※個人の感想です。
 



パラベン、合成香料、紫外線吸収剤など、肌に悪い余計な成分は全てカット。敏感で繊細な日本人女性の肌に安心して毎日使用できるように、成分にはとことんこだわりました。

さらに、メイク粧材なので、「肌に浸透できない素材」の為、市販の化粧品のように美容成分と共に防腐剤などの化学物質までも肌の奥に浸透させてしまうというリスクがありません。

肌の上に乗っているだけというのは、何よりも安心できる根拠と言えます。

また、メッシュセルの本来の目的は、素肌を綺麗にする事です。高価な美容液を寝るときだけ塗るよりも、ベースメイクという長時間肌に塗る物に重点を置く方がはるかに美肌効果は高まります。



横浜にあるエグゼクティブサロン「エクシアル」では、フェイシャルコースの仕上げに、御希望の方にはファンデーションの代わりにメッシュセルを塗っています。

やはり、せっかくエステで綺麗になった肌に色付きファンデを塗るのは抵抗があるようです。なのでメッシュセルの事を教えるとすごく興味をもたれます。



それ以外にも、プラセンタエキス、アロエベラ葉エキス、キハダ樹皮エキス、マンダリンオレンジ果皮エキスなどを贅沢に配合。もう高価な美容液は必要ありません。

一日中付けているベースメイクが、エステ級のスキンケアの役割も果たします。
 



ハーブピーリングスペシャリスト YUKI
 



 今まで、高価な化粧品を長く使い続けていても「なんとなく良いのかな」という程度の化粧品がほとんどだった気がします。

私の立場でこんな事を言うのはタブーですが、長年化粧品やエステの知識を学べば学ぶほど、そもそも化粧品で肌を変えるという事には無理があるように感じます。

例えば、肌にはコラーゲンが重要だからといって、動物から取ったコラーゲンが入った美容液を塗ったところで、それが人間の肌のコラーゲンを増やす事が出来るはずもありませんし、そもそも化粧品は皮膚の表面の角質層までしか浸透しませんので、角質層よりももっと深い部分のコラーゲンには全く届きません。

人工の美容成分を外から塗っただけで肌質が変化するほど、皮膚の構造は単純ではありません。

間違った知識が、いかに無駄な上に悪影響を及ぼすかは、一般消費者には知る由もありません。

メッシュセルにも高価な美容成分が豊富に入ってはいますが、正直その美容成分で肌が綺麗になったというよりも、「悪い物を使わなくなった」という事が肌が綺麗になった一番の要因だと思っています。

やはり、強力なクレンジングを使わないと落とせないような色付きファンデやBBクリームの紫外線吸収剤やタルクによる肌への負担は相当なものです。

それを何十年も毎日長時間塗り続けたことで、肌はとても苦しんでいたと思います。

プロの美容家でも意外と知らない方が多いですが、肌には美肌菌と呼ばれる、善玉菌が存在していて、その美肌菌が肌の保湿健康的な肌を維持しています。

しかし、現代女性のほとんどが、毎日の強力なクレンジング剤や、皮膚呼吸の出来ない色付きファンデの影響で、大切な美肌菌が大幅に減少しているそうです。

多くの女性が「私は敏感肌で乾燥肌」とおっしゃるのも、これが原因だと言われています。

やはり人間の肌には「すっぴんでいる事」が一番の美容法だと思います。

ただ、そうは言ってもいきなりすっぴんは無理なので、まずはナチュラルメイク(メッシュセル)で徐々にならしていき、一年後には「メッシュセル」すら卒業して本当のノーファンデ肌になって頂けたら幸いです。

メッシュセルは、特殊な素材ゆえに、どうしても価格が高くなってしまうので、ずっと使い続けるのは難しいと言う方もいらっしゃると思います。

なので、「エステで1年間だけ肌を集中ケアする」イメージで、メッシュセルも肌を復活させる為に短期集中ケアとして使用される方も多いです。

3ヶ月間だけでも、肌が息を吹き返したように元気になっていくのを実感して頂けるはずです。

一年後の大切な日に後悔しないよう、自分の大事な肌の為に最良の事をしてあげましょう。

「肌は一生ものだから・・・」    



※ 2014年発売の初代無色ファンデ「パールカバー」の弱点を改善し、素材のレベルを上げた改良版が、「メッシュセル」です。

さらに、ユーザーのご意見を反映させ、2017年3月にバージョンアップし現在に至ります。より美肌菌が育成しやすい構造になっています。


 

残念ながらメッシュセルのサンプルはございませんが、その代わりに効果保証制度を導入いたしました。

万一、メッシュセルを実際に使用してみて、「ご満足いただけなかった」場合は、弊社へメールでその旨を御連絡頂き、返品頂ければ、無条件で全額返金を致します。

また、どんな些細な理由でも、お断りする事はありませんのでご安心ください。

金銭的なリスクは一切なく、安心してお試し頂ける効果保証制度をぜひご活用ください。

※商品到着後、14日間以内に下記にご連絡ください
 

何かご不明な点があれば、どんな小さな疑問でも お気軽にご質問ください。
 

meshcell.info@exsiale.com
 

商品コード : E0089
通常価格 : 20,680
価格 : 20,680円(税込)
数量
 

かごに入れる すぐに購入
  • お気に入りリスト
  • 友達にすすめる
  • 商品についての問い合わせ

この商品についてのレビュー

  ニックネーム : 評点 :
内容 :
レビューを書く
入力された顧客評価がありません

ページトップへ